沿革

昭和52年 6月 住友金属工業株式会社エンジニアリング事業部発足
平成元年 4月 住友金属工業株式会社 鹿島橋梁工場として鹿島製鉄所にて操業開始
平成 2年 6月 株式会社住金橋梁センター設立 金沢工場開設(平成14年3月閉鎖)
平成10年 1月 ISO9001認証取得
平成11年 4月 新鹿島橋梁工場(茨城県神栖市)を新設
平成21年 7月 株式会社住金ブリッジに住友金属工業株式会社の橋梁事業を吸収分割
平成21年10月 株式会社横河ブリッジホールディングスと住友金属工業株式会社(現 新日鐵住金株式会社)の共同事業運営会社として誕生し、株式会社横河住金ブリッジに商号変更
平成23年11月 ISO14001認証取得
平成29年 2月 OHSAS18001取得
平成31年 4月 商号(社名)を「横河NSエンジニアリング」に変更