トップメッセージ

ようこそ株式会社横河NSエンジニアリングのホームページへ

平素は格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

 株式会社横河NSエンジニアリングは、2009年10月1日に 株式会社横河ブリッジホールディングスと住友金属工業株式会社(現日本製鉄株式会社)の共同出資事業会社として誕生し、10周年を迎えた節目の年である2019年4月1日をもって社名(商号)変更いたしました(旧社名:株式会社横河住金ブリッジ)。

 株式会社横河ブリッジホールディングスは、グループの理念である「社会公共への奉仕と健全経営」を掲げ長年に亘り数多くの橋梁や建築物等の建設に携わり、良質で安全な社会インフラ整備を通じて社会に貢献して参りました。

 一方、世界有数の鉄鋼メーカーである住友金属工業株式会社(現日本製鉄株式会社)の土木橋梁エンジニアリング部門は業界トップクラスの生産性を誇る最新鋭の橋梁工場を関東に有し、鋼橋の製作から架設までの一貫工事を手掛けるほか鉄鋼業で培われた素材開発技術力と素材利用技術力をもとに魅力ある橋梁・鉄構エンジニアリング製品を数多く生み出してまいりました。

 株式会社横河NSエンジニアリングは両社の優れたDNAを引き継ぎ、発足後10年間で近畿地方整備局、関東地方整備局様からあわせて4度の工事成績優秀企業認定を頂戴するなど、おかげさまで橋梁・鉄構メーカーとして着実に発展を続けております。

 ご利用いただく皆様から高いご信頼をいただけるよう、引き続き人材育成、技術研鑽に努めます。また、「橋梁の建設・保全分野」および、「道路・鉄道トンネルセグメントをはじめとした土木鋼構造物やハイブリッド防潮堤をはじめとした港湾関連鋼構造物、防災・減災関連設備などエンジニアリング分野」での積極的な事業展開を行っていくことにより安全・安心で強靭な国土づくりに貢献してまいる所存です。

今後共、倍旧のご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申しあげます。

株式会社横河NSエンジニアリング
代表取締役社長 齊藤 功